Pocket

心も体もふわっとあったかくなるスマイル整体屋 直(ナオ)です。

実践・養生講座の記録から
 第1回 「こころ」と「からだ」の不思議

 第2回 こころの養生  〜考えないで感じてみましょう〜

 第3回 学習すること 〜自分が望む人生を歩むための道しるべ〜

今回(第4回)の講義メモは、

生きるとは、環境と関わること

を紹介します。

今、何らかの病気になっていたり、長らく入院や通院している方、調子が悪く
仕事や職場・学校に行けなくなっている方に読んでもらって
感じていただけると変化へのヒントがあると思います。

紫鯨亭では自身の経験や整体・その周辺領域を通じて、施術とともに
この内容等をベースにカウンセリングも適宜行っています。

周りとの距離感が大切

私たちは、個人(個体、個別の人格)です。

本能的に身勝手です。

でも一人では生きていけません。

だからどう周りと付き合うかは重要な問題です。
(距離感と言っていいと思います)

環境とは何か?

2つに分けて考えてみます。(2つの視点)

  • 自然環境

    大昔からそこにあり、徐々に変わるもの。できれば維持・保護すべきもの。

  • 社会環境

    人が作り出すもの。(一方的に)自然を変化させるもの。
    時に圧力が強すぎるもの。(自然環境に邪魔になる)

私たちは、身の回りにあるものと関わりながら生きています。

私たちは、身の回りにあるもの(環境)と関わりながら生きています。

衣食住はもちろん、人間関係も「環境」(社会環境)といえます。
「環境とうまく関わる」ことが、「社会的な存在として、心地よく、健康的に生きること」につながります。
自分にとって適度な距離を周りに対してとる」ということです。

  • 関わりすぎない。遠すぎもしない。
    困ったとき、足りないときは助けを求める。依存し過ぎない、し続けない。
  • 生きるためにどうしても必要なものは、無理しても手に入れる。
    要らないかもしれないものは、我慢してみる。
  • 下さるものは、ありがたく頂戴する。
    自分の与えられるものは、惜しげなく与える。

環境とうまく関わるために大切だと思う5つのこと。

  • 人間は自然を間借りして生きている。(畏れ(おそれ)を持つ)
  • 快適な環境は、自分が作る。
    (周りに働きかけるだけでなく)自分が変わればいい場合もある。
    →社会環境は、ほとんどそうと言ってもいい。(直)
  • 五感をはたらかせる。周囲(環境)の危険を察知する能力を磨く。
    (君子危うきに近寄らず)
  • 深く関わるか、浅く関わるか。
    (君子の交わりは、淡きこと水の如し=自立(自律)の勧め
  • 「手間をかける」=働く。働きかける。
    →便利さ、安直さを追い求めない。(直)

身近な視点(衣・食・住・人付き合い)から考えると、次どう行動すれば
いいかが見えてくる。

→身近な視点から考えるのが有効(直)
この時に取上げたテーマは、”食糧危機” ”森林浴の効果”でした。

雑感

今日のテーマのキーワードの一つは、距離感だと思います。

また、とるべき立ち位置を考える必要があります。(図1)

近ければ近いほど関係性が濃密で影響度が大きいです。

図1

2007年5月4日 実践・養生講義 自身のメモ より

(Visited 72 times, 10 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で