Pocket

心も体もふわっとあったかくなるスマイル整体師 直(ナオ)です。

先日、気になって録画して見た番組の内容と感想です。

何事にも絶対はありませんが
私が習得している共鳴法整体等では、起こらないと
思います。

このタイトル、どういうことかと?

2016年2月10日(水)放送 クローズアップ現代
“肩こり解消”で思わぬ被害!?~癒やしブームの陰で何が~

慢性の肩こり・腰痛は男女とも最も数の多い健康障害だ。
マッサージや整体、リラクゼーション等はブームと言われるほど施術を
受ける人が増えており、市場規模は1兆円に迫るとみられている。
ところが今、健康被害が全国で相次いでいる。
国民生活センターへの相談はこの9年間で9000件以上、特に、脊髄損傷や
肋骨骨折といった重篤なケースが増えている。
背景には、整体やリラクゼーションなどには国家資格が存在しないため
基礎的知識が足りない人でも施術ができること、免許が必要な接骨院などでも
規制緩和で店舗が13万か所まで拡大、技量不足の施術者の増加を招いている
こと、などがあることがわかってきた。
日本社会の高齢化も健康被害の拡大を加速させている。
骨の状態や持病を見抜けないまま施術をしてしまい、骨折や病が重症化して
しまうのだ。
医療・介護に続く第3の分野として拡大が見込まれている「慰安」の分野。
業界自身の改善の取り組みなども紹介しながら、手技による被害から我が身を
守るにはどうすればいいのか考える。

この番組で私が見たのは、

50代の女性の方がマッサージ店で肩こりの施術をお願いし、男性2人掛りで
施術してもらったところ
翌日に毛細血管が切れて、ひどい内出血を起こし
治るのに1ヶ月掛かった。

60代の男性の方が腰痛で通っていたところで、腕に痺れがでると伝えて
首を急に回転される施術を
受けて、全身に激痛が走り脊椎損傷になり
お仕事を退職された。

ある全国展開の施設でうつ伏せ(顔を下向き)で施術の際に
肩甲骨下部を施術時に肋骨が骨折した。

というケースでした。

経験不足が背景にあるようなニュアンスで企業・業界団体の対策・事例も
紹介されていました。

私が感じたこと・思い

痛い気持ちになりました。
施術者は、加害者にならないよう肝に銘じないといけないと
改めて強く感じました。

ネットでも内容について様々な意見があるようです。

私もサラリーマン時代は、肩こりなどで強く押してほしいと
お願い
することもありました。
強くされると結果的にどんどん硬くなって、悪循環でした。
そういうことがどういうことになるかは受け手の方は、正直
わかりにくいと思います。

世の中には様々なものがあり、技術も考え方も違います。

当亭の施術の大きな原則論として

  • できる限り力をかけない
  • 決してやりすぎない。

  • 慢心しない。

いつも心に刻んでいます。

(Visited 18 times, 2 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で