Pocket

心も体もふわっとあったかくなる
心身の調律師 直(ナオ)です。

クライアント様と接していると足の問題と履物のは切っても切れない関係です。

もちろん紫鯨亭でも色々説明していますし、履物の基準も持っていますが
ご自身に合った靴を手に入れたい時にどうするかについて、私の中で
まだまだカッチリ固まっていませんでした。

そこで以前より身体のことも含めて取り組まれている

川田真左靴工房(カワタ シンスケ クツコウボウ)の

川田真左さんに靴を誂えてもらうことにしました。

先月から”整体屋が靴を誂える体験記01”として経過を書いてます。

今回は第二回です。

第1回目は採寸、その前に足の調整・確認から

予約日のとある午後。

工房に向かいます。

可愛らしい看板、ご家族の似顔絵に子供靴。

足の確認とともに整体的な調整も川田靴職人が操法されました。
日本に操法できる靴職人ってまずいないのではないでしょうか?

私の場合は、右側を中心に色々と丁寧に調整して頂きました。
長年の甲高含めて状態がだいぶ改善されました。

採寸に入りました。

調整が一通り完了してから、靴の採寸です。

この後に靴のデザインや革の色を見本より選んで5月に予約をお願いして
工房を後にしました。

帰りに商店街で見かけたフクロウ・カフェのフクロウ

学校の大先輩からお誘い受けて向かった昼飲みのバー。
本当に久しぶりに美味しく頂きました。

これから何回かに分けて、靴の誂える様子をお伝えしながら、整体屋目線でも書いて見たいと思います。

(Visited 157 times, 3 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で