Pocket

心も体もふわっとあったかくなるスマイル整体師 直(ナオ)です。

今日は、当亭に来られた女性のBさんの例です。

脇腹が痛いんです。

今日は、右脇腹が痛いと仰る。特に何かした覚えもないと。

確認すると右肋骨が下がっている感じがします。

肋骨下りの共鳴を使いました。
それでも局所的に痛みが残っています。
触ると少し歪んでいる感じがあるので
その辺りを手当てするとすっかり痛みがなくなりました。

肋骨下りのセルフケア

うまくいくと脇腹の痛みが解消されます。お試しください。

1 胸をよく観察し肋骨の下を左右両側で比べてみて、 高さの違いを
  確認します。

  全体だけでなく妙なところを探して1〜2点で左右を比べると
  高さが違っています。

2 手の甲 薬指の手前にある甲の部分の骨。この骨を
  中手骨(ちゅうしゅこつ)といいます。
  この場所を確認します。(できれば触らずに)

3 今度は、掌側を見て、手首のところから薬指の中手骨の上を
  手首から薬指の付け根まで
さっと撫でてみてください。
  もちろん左右両手ともです。

肋骨共鳴
  

  親指と人差し指で掌と甲とをほんの軽く挟んでいてもいいです。
  そうして、しばらく時間をおきます。 (30秒~1分位)
  それから、もう一度、左右の肋骨の高さを比べてみる。
  もし、まだ揃っていなければ再び同じことをすればいいです。
  これで肋骨の歪みが取れます。

  ただし、何度も撫でると、鎖骨の周辺が痛くなって苦しむ人がいます。
  撫でるのは必ず二度までにしてください。

参考

セルフケアを行う際の注意点

 

(Visited 12 times, 3 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で