Pocket

心も体もふわっとあったかくなるスマイル整体屋 直(ナオ)です。

今回は、南日本にお住いの女性の方の手術跡の体験例です。
Befor&Afterの写真も掲載しています。
( 頚椎椎間板ヘルニアによる肩・腕の痛み の続きです。)
感想・アンケートとお写真も提供いただきました。
感謝します。

体験例1 手根管症候群手術痕の回復 40代女性 

◯当亭に来る前にどんなことに悩まれていましたか?

・頚椎椎間板ヘルニアによる左肩甲骨〜肩・腕の疼痛
→(直)主訴はこちらでした。

・左手根管症候群手術痕の血流不足(紫色になったまま、固くなっていた。)
→(直)10月に手術されそれからその状態のまま経過されていました。
    詳しくお話をお伺いするとひきつれ等もあるとのことでした。
    施術前の写真はありませんが、施術数日後と2回目施術後の写真を
    ご本人が撮影されて掲載OKを頂きました
。(下にあります)

◯当亭を知ってすぐ予約しましたか?

 姉の紹介

→(直)お姉さんのところに3週間程度来られていて、その間にお姉さんから勧められてご来亭。帰るまでに施術を受けて変化させたいとのご希望でした。

◯施術前と施術後を比べて、どうでしたか?

 大変楽になった。

◯施術を受けた感想はいかがですか?

・肩甲骨が痛かったのがまったく痛みがなくなった。
 体がすごく楽になった!

・10月に手根管症候群の手術をしたあと、
 ケロイド様&紫色になって痛みもあったのが、施術後目に見えて
 血流がよくなりきれいに!!
 そして疼痛もなくなりました。手の動きも楽になりました。

→(直)共鳴法での触り方を応用しながら、愉氣やその他のお手当てを
    組み合わせ1回あたり5分程度施術しました。(計2回)

 

   

 1回目施術後数日後に撮影    2回目施術後直後
(両写真ともご本人提供)
→(直)1回目の施術前は紫色だった手術痕が施術後にだいぶ赤みがさしていました。
    固さもだいぶ柔らかくなった感じでした。
    後の経過で皮膚が剥がれてきたようです。
    2回目に来られた時は、皮膚の剥がれも落ち着き紫色→赤色に変わり傷跡も
    周辺に馴染んだ感じがありました。

◯まとめ

 ヒアリングの中で手術痕のお話が出ましたので対処しました。
 施術時間はごく短いものでしたが、うまくご自身の自然治癒力を
 発揮させることができました。
 施術中にピリピリと熱いともおっしゃていたのが印象に残っています。
 (ヘルニアから来ると感じておられた痛みについては、こちらです。)

 手術痕や骨折痕、靭帯等のお困りごとにも多くの場合に変化するケースが
 実績としてあります。

 この例のように「これ何?」と思う不思議な整体術がうまく噛み合うと
 予想を超えるケースは多いです。
 このような組み合わせで不具合を解消できる可能性があります。
 お困りの方はぜひ当亭ホームページをご覧の上でよかったらお越しくださいね。

(Visited 166 times, 10 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で