Pocket

心も体もふわっとあったかくなるスマイル整体屋 直(ナオ)です。

 

今回(第8回)の講義メモは、

発酵 〜温暖な気候が生んだ”微生物を生かす知恵”〜

を紹介します。

今、何らかの病気になっていたり、長らく入院や通院している方、調子が悪く
仕事や職場・学校に行けなくなっている方に読んでもらって
感じていただけると変化へのヒントがあると思います。

紫鯨亭では自身の経験や整体・その周辺領域を通じて、施術とともに
この内容等をベースにカウンセリングも適宜行っています。

私たちの生活に欠かせない微生物の役割

味噌、醤油、酒、漬物、鰹節、納豆、パン、チーズ、堆肥 等々

発酵と腐敗

酵素の働き
温度、湿度などの条件により、働く菌が異なる。

発酵の利点

栄養が高まる

風味が増す

保存性が増す

毒を分解する

3大栄養素

糖、タンパク質、脂肪

消化と吸収。

その他の栄養素

ビタミン、ミネラル、生理活性物質

発酵物は、細菌の○○○である!

良い発酵食品を作るには時間がかかる

発酵学、醸造学も進歩している

雑感

今回の内容は、”微生物を活かす”です。

これからの生活は、発酵をもっと取り入れることになるのかなと思っています

先日、農業の方に土壌に肥料→発酵したものを用いると
アミノ酸生成が土壌吸収から十分に行え、害虫に強くなる(免疫系)方に
植物の力が振り向けられ、肥料や農薬は不要になるとのお話でした。
さらに作物のうまさが向上するそうです。

私自身は、味噌は手前味噌で麹もよく使います。
最近は、頂き物ですが酵素ジュースもよく飲みます。

次回は、最終回で赤目養生所での食材について、メモを掲載し一旦終わります。

 

2007年5月31日 実践・養生講義 自身のメモ より

 

実践・養生講座の記録から
 第1回 「こころ」と「からだ」の不思議

 第2回 こころの養生  〜考えないで感じてみましょう〜

 第3回 学習すること 〜自分が望む人生を歩むための道しるべ〜

 第4回 生きるとは、環境と関わること

 第5回 養生食、万歳!!

 第6回 使わねば衰える 〜からだを使おう〜

 第7回 こころの養生 〜慣れる〜

(Visited 81 times, 82 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で